厚生労働省「モデル就業規則(令和3年4月)」を例に、就業規則のひな型をそのまま使った場合、どのような労務トラブルが発生するのかを弁護士が紹介します。
提供
弁護士 磯田翔
<経歴> 2014年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業 2015年 司法試験合格(司法修習第69期) 2016年 弁護士登録(東京弁護士会)。三宅・今井・池田法律事務所(~2018年) 2019年 三浦法律事務所(~現在) <取扱分野・案件等> 株主総会、取締役会をはじめとするコーポレートガバナンス関連業務、コンプライアンスその他の企業法務一般のほか、倒産・事業再生、人事労務、商事紛争を中心として、業種・分野を問わず、幅広くクライアントのニーズに応じたリーガルサービスの提供を手掛けている。

PickUpコンテンツ